仮想通貨についてマスターしましょう!

仮想通貨とは?ビットコインとは?


じゃあまずは仮想通貨とビットコインの説明から始めましょう!

「仮想通貨」とはなんぞや

「仮想通貨」とは簡単に言えば「電子決済システム」のこと。
つまり「仮想通貨」は「インターネット上の目にある、見えない仮想の通貨」なのです。

身近なもので言うと、LINEコインですね。スタンプなどを購入する際、LINEコインにまず変えてから購入します。
厳密にはまたこのインターネット内の通貨と仮想通貨は違うのですが、ここではそんな感じのもの、とイメージしておいてください。

「電子マネー」じゃないんですよこれが

その流れでいくと、私たちがよく使う電子マネーも同じじゃないか、と思うかもしれません。実際「電子マネーみたいなもの」なんて言われています。

しかーし!実際は仮想通貨は「電子マネー」ではありません!
電子マネーは日本の「円」をチャージして使います。
ポイントカードのように1円=1ポイントと変換して利用しているわけです。
目に見えないだけで、あくまで「電子マネー」は「円」。私たちが普段使っているものとなんら変わりはありません。見えないけど。
ただ使いやすいようにカードや端末にカタチを変えているだけなのです。見えないけど。

仮想通貨は電子マネーではない 仮想通貨も電子マネーも、紙幣や硬貨といったような、目に見えるかたちで存在していないのでついつい同じに考えがち...

文字通り「仮想」の「通貨」

とまあもったいぶって引っ張ってきましたが、要するに仮想通貨はそのままの意味どおり、「通貨」なんです。「円」や「ドル」と同じ、通貨。
なのでもし仮想通貨で買い物をしよう!となった場合、電子マネーのように「円」をチャージする…のではなく、「円」を「仮想通貨」へ両替する必要があります

 

「ビットコイン」とはなんぞや

ふわっとでも「仮想通貨」については理解できましたでしょうか?
じゃあ「ビットコイン」はなんだというと、「仮想通貨」の種類の名前なんです。
実際の「仮想通貨」は1000種類以上もあり、その中の代表格ともいえるのが「ビットコイン」というわけです。最初に出てきた仮想通貨で、全仮想通貨の時価総額の半分ほどがこの「ビットコイン」なんだとか。すごい!想像できないけど!すごい!


ややこしいので以降は「ビットコイン」で統一しますね

「ビットコイン」はちょっと変わった「お金」

上記では「円」や「ドル」と同じと言いましたが、実際のところは少し違います。
「お金」とどう違うのか説明していきますね。

まるで”幽霊”のような「通貨」

言ってしまえばバーチャルの通貨なので、「ビットコイン」は実体がありません
そんでもって発行元もありません!銀行にもありません!
じゃあどうすんだって話なんですが、管理は「ウォレット」と呼ばれるこれまたバーチャルの財布でします。
これで普通に「通貨」として使えるってすごくないですか!?最先端すぎてこの辺りが最初あまり理解ができなかったのはここだけの話…(笑)

バーチャルだからこその管理方法

私たちが「円」を「通貨」として使えるのは、日銀=日本の中央銀行が価値を定めているから。この「価値」がなかったらおもちゃのお金と変わりません
でもビットコインには中央銀行のような「管理する組織」は存在しない。
じゃあこの不確かな通貨はどうやって「価値」を定めているのかというと、ネットワークの参加者たちが主体となって運営しています。
平たく言うと、「ネットを使って参加者みんなでビットコインを管理し、その価値を保証し合っている」わけです。


ちょっと難しいですが、ちゃんとお金として機能するんだって理解できればおk

「ビットコイン」は世界共通通貨

楽しい楽しい海外旅行!でも両替が面倒くさい!旅行から帰ってきたら今度は「円」に直さなきゃ!…と面倒ですよねこの作業。
ですがビットコインなら世界共通通貨、単位も同一なのでそのまま利用することが可能です。つまり両替の必要なし!
送金に関しても同じです。同じ単位だからこそ早ければ数分、遅くとも数時間で世界中の誰にでも送金ができちゃうんです。

とってもわかりやすいこの動画で改めて「ビットコイン」についておさらいしましょう!

関連記事

【気をつけよう!】仮想通貨投資あるある?失敗ポイント5選

bitbank(ビットバンク)取引所のメリット・デメリットまとめ!

仮想通貨の国際的な規制!?仮想通貨は危ないってこと?

注意!取引所と販売所はまったくの別物!

ビットコインは儲かるの?

どこから始めたらいいかわからない人に!Zaifコイン積立