ビットコイン

ビットコインは儲かるの?

なにはともあれここが一番大事。

「ビットコインは儲かる」なんて当たり前のように言われてますが、何故そう言いきれるのかここでまとめてみます。

そもそも「ビットコイン」でどうやって稼ぐのか

ビットコイン投資のやり方はいくつかありますが、一番多いのは「ビットコインを高く売る」とやり方ですね。ビットコインを持っているだけではまだダメです。
ビットコインをできるだけ安く購入し、そして価値が上昇したところで売る、そうすると購入した時の金額と、売った金額の差で儲けが出るわけです。
ビットコイン投資での一般的な方法がこれですね。

上昇するビットコインの価値

ビットコインの誕生は2009年。その時の価値は、当時のレートで1BTC=なんと日本円で0.07円!!2010年10月に15円、2016年の中頃には1BTC=3~4万円にまで上がりました。このあたりからビットコインの上昇がどれだけすごいのかわかりますが、2017年はもっとすごかったのです。
2017年1月には8~9万円、3月には10万円を超えることも。そして11月にはとうとう1BTC=100万円を突破し、12月には最高値の220万円に!!
ビットコインはたった1年で20倍も価値が上がったことになります

もちろん、ずっと上昇を続けていたわけではありません。
マウントゴックス事件や、ビットコイン取引への規制強化、相次ぐハッキング被害により価値が大きく下落した場面もありました。
とはいえ、仮想通貨の普及はいまだそのスピードが衰えません(怖いくらい!)。まだまだ仮想通貨保有者や認知度も少ないので、今から仮想通貨投資を始めれば利益が出る可能性は大いにあります!

下落しただけではまだ損はしていない

ビットコインの価値は、上でも書いたとおり急激に上がっています。
そのため、短期で結果が出やすいというメリットがあります。
しかし、いいことづくしなわけではありません。短期でも動きが激しいからこそ、大暴落してしまう可能性もあるのです。
「価値が下がった!今のうちに手放そう!」と考える方もいるかもしれませんが、下落したからと言って、「=損をした」とはなりません。購入した時よりも低い金額で売ってしまえば損になりますが、ビットコインを保有しているうちは価値が下がっただけでまだ損をしたわけではないのです。
すぐには売らず、また価値が上昇するまで待つのも一つの手です。落ち着いて情報を集めましょう。