ビットコイン

ビットコインとクレジットカードの違いとは?

二つの共通点は「世界中で決済できる」ってところですね
あわせて読みたい
ビットコインと電子マネーの違いとは? 仮想通貨は電子マネーではない 仮想通貨も電子マネーも、紙幣や硬貨といったような、目に見えるかたちで存在していないのでついつい同じに...

まず支払いの仕組みが違う

クレジットカードの場合

現金がたりなーい!ATMからおろすの忘れてたー!
あ、カードがあるじゃんカードで支払お!ってなるのが私のいつものパターンなのですが。
カンタンに言ってしまえば、クレジットカードは「クレジットカード会社に支払いを立て替えてもらう」ってことですね。言い方が悪いかもですが、少しの間借金をするかたちになります。
大抵の場合、そのカードを使った支払いの請求がまとめて翌月にやってきて、期日までに支払いor引き落としというかたちですませます。

ビットコインの場合

ビットコインでの支払いは、いわば「通貨の移動」
ビットコイン専用のお財布「ウォレット」から、ビットコインを「送金」することで支払いが完了します。
これは会社に立て替えてもらっているわけではないので、当然翌月の請求ではなく、「ウォレット」のビットコインが使った分だけ減っていくわけです。

不正利用される可能性は?

クレジットカードの場合

クレジットカードの場合、ネットショップでの購入時の情報が残ったままになっていたり、ブラウザにカード情報を登録していたりすると、そこから情報を盗み取られ、クレジットカードを不正に利用された、なんて話があります。
カード会社によっては、金額が大きい買い物は利用者に一度電話で確認をしたりしますけどね。

もちろん不正に使われた場合でも、自分からカード会社へ事情を説明すればその分の支払いは発生しません。が、情報の書き換えのためにあれやこれや手続きが必要になってくるので、それがちょっと面倒です(安全のため、仕方ないことですが!)

ビットコインの場合

ビットコインの支払いは「送金」になりますが、必要なのはQRコードもしくは数字・アルファベットが羅列した「アドレス」という情報のみになります。
支払いの際に使うQRコード・アドレスは、あなたがウォレットを使用時のみ機能するものであり、これが第三者の手に渡ったとしても、ウォレットから勝手に送金されることはありません。

お店側の負担も違う!

クレジットカードの場合

話がちょっと脱線するのですが、私は池袋のお店を食べ歩くのが大好きでして。
キレイで大きなチェーン店より、個人でやってる小さくて狭い、でも美味しいお店が大好きなんですね。
そういうお店でお酒と料理をたらふく堪能するのが最高の時間なわけなんですが、ただこういうお店って、クレジットカード対応不可なところが多かったりします。

入れてくれたらめちゃくちゃ嬉しいのになーって思うんですが、クレジットカードの導入って、お店にもよりますけど、手数料として売上の2~10%をクレジットカード会社に払わなきゃいけないんです。
そりゃあ小さなお店はクレジットカード対応にしませんよね…。

ビットコインの場合

対してビットコインの手数料は0~1%程度です。
支払い者がお店に直接決済をする場合は手数料が0%なんですが、他の記事でも書いている通り、「仮想通貨の価値は変動」します。なので、お店が直接ビットコインを受け取る場合、決済時よりも価値が下がる可能性があります。
手数料が発生する場合の話もしましょう。手数料が発生するのは支払い者とお店の間に、取引所が入るからです。

取引所の決済サービスを使えば、日本円を受け取れるので変動の痛手を負うリスクはなくなります。手数料もクレジットカードに比べてグンと低いし、クレジットカードのように専用の読み取り機器も必要ありません(ビットコインはパソコンやスマホがあれば受け取れます)。

今後仮想通貨が日常生活に普及し、ビットコインを持つのが当たり前になった時、クレジットカード決済ではなくビットコインでの決済が可能なお店が増えているかもしれませんね。