ビットコイン

これだけは絶対!必ずビットコインに「2段階認証」を設定!

自分の資産は自己管理で自己責任!

「まあいっか」がいずれ仮想通貨投資の大損に繋がる!?

仮想通貨を調べていると、必ず「セキュリティ」の話が出てきます。
取引所(または販売所)でビットコインを購入した後、どう管理するのか…これ実はかなり重要なことなんです!

ビットコイン=自己資産は自分で管理しなければいけない

ビットコインは購入後、取引所に置いておくことができます。
ここから自分のビットコイン専用財布の「ウォレット」に移し、自分で管理していく…のが理想なのですが、取引所に置いたままにしている方も少なくありません。

あわせて読みたい
ビットコインを買ったらウォレットへ! 取引所にはウォレットはありません! 「取引所」ってあくまで「ビットコインを取引する場所」のことなんですよね。 「自分のビットコイ...

取引所はたくさんの仮想通貨が行き来をしています。その分、たくさんのユーザーがいます。だからこそ、常に狙われていると言っても過言ではありません。
「あそこの取引所はセキュリティがしっかりしてるっていうし、大丈夫だよ~」なんて言う方もいるかもしれませんが、100%大丈夫という保証はありません。もちろん、取引所も対策は立てているでしょうが、そんな目をかいくぐって仮想通貨を狙う輩もいるということを覚えておきましょう!
そもそも取引所はあくまで仮想通貨の取引所であり、自分の資産を預けておく場所ではないのです。自分の資産は自分の手の届く範囲において、しっかり管理しましょうヾ(‘∀’o)ノ

あわせて読みたい
やらかした!?大手取引所コインチェック580億円相当流出! ハッキングにより580億円相当の仮想通貨流出事件! そもそもコインチェックに一体何が起きたのか? 簡潔に言ってしまうと、「大手取...

取引所に置く分は「2段階認証」をかけよう!

最低限のセキュリティ「2段階認証」

「2段階認証」とは、文字通り2段階に分かれた認証方法をいいます。最近メールのログインなんかもいつもと違う端末でログインしようとするとこれになりますよねヾ(*´ω`)ノ゙

たとえば、あなたが今このブログを見ている端末で、取引所にログインをしたとしましょう。すると予め設定した別の端末に、「今あなたのアカウントで取引所にログインをしようとしています」と通知がくるのです。そのメッセージと一緒に「もし使用者本人がログインをしようとしている場合、●●●●の番号を入力してください」と記載されているので、あなたはブログを見ている端末上で、別の端末にて確認をしたその番号を入力します。これでようやく取引所へログインができる、という仕組みです。

正直、手間です。ものすごく手間です…(☍﹏⁰)。
取引所へログインする端末と別の端末を用意するので、それがなければログインができません。面倒だと思う方もいるでしょう。でもセキュリティをかけておけば、万が一あなたの取引所へのID・パスワードが漏れてしまったとしても悪用されるのを防ぐことができます
決して無駄なことではありません。取引所のアカウントを取った後は必ず「2段階認証」をかけるようにしましょう!

「2段階認証」だけで安心してはいけない!

これで安心?あまーーーーーーーーーーい!!

「じゃあこれで取引所に置いても大丈夫だよね!」と安心するかもしれませんがちょっと待ったーーーーーーー!!
実はこの「2段階認証」、危惧している取引所のリスク解消とは完全にイコールにはならないからです!(´;ω;`)

「2段階認証」は確かにID・パスワードが万が一漏れてしまった場合にはばっちりのセキュリティ対策です。しかし、取引所=内部から崩されてしまった場合には対応ができません。ハッキングや、取引所の破綻などがそれです。
もしもハッキングされた時、取引所が破綻した時、あなたが自分の仮想通貨を取引所に置いたままにしたら……あなたの資産はその時点で失われます。

仮想通貨を取引所に置いておくのは危険!この意味をわかっていただけたでしょうか?