ビットコイン

仮想通貨詐欺を見極めろ!回避するためのコツはこれだ!

仮想通貨にも「詐欺」が存在します!他人事に考えてはダメ!

仮想通貨投資をする上で怖いのは損をすることだけではありません!
ここでは仮想通貨詐欺についてと、引っかからないようにするにはどうすればいいのかを解説していきますね!ヾ(‘∀’o)ノ

仮想通貨はビットコインだけではない

「草コイン」「種コイン」を知ろう

「仮想通貨 詐欺」を検索すると、なにやら聞きなれない「草コイン」「種コイン」という単語が出てきます。まずはこちらから勉強しましょう!

草コインとは………
1単位が1円以下など、まだ価格も注目度も低い仮想通貨のこと
(ちなみに海外ではシットコインなんて呼ばれてもいます)
種コインとは………
草コインよりもさらに価格も注目度も低い仮想通貨のこと

当たり前のように使っている「ビットコイン」という名前は、仮想通貨の代表格であるコインの種類(ブランド)の名前です。ビットコインだけ突出して有名ですが、仮想通貨の種類は1000以上あります。
なので当然、まったく注目もされず、価格も1円以下になっている、まだまだ小さな仮想通貨がたくさんあるわけです。それらを「草コイン」「種コイン」と呼んでいます
これらのコインはまだ小さいものの、何かのきっかけで話題になったなどで価格が上がったとき、買い占めておいて価格上昇のタイミングで一気に売却することで大きな儲けが得られる、というメリットがあります。上昇前の価格はかなり安いので、あらかじめ大量に買っておけば儲けはかなり期待ができるでしょう。

しかーーーーーーーーーーーーし!そんなに甘い話がたくさんあると思ったら大間違い!
確かに草コイン投資は大きな儲けを期待できます。けれど、そもそも「草コイン」「種コイン」と呼ばれる理由を思い出してください。そう、これらは本当に小さな仮想通貨コインです。つまり、ある日突然そのコイン自体が消えてなくなるかもしれない可能性があります。また、注目度が低い分情報収集がしにくいという点も。

仮想通貨詐欺ってどんなの?

詐欺コインと呼ばれるもの

「草コイン」「種コイン」の説明は上記でしましたが、では何が「詐欺コイン」と呼ばれるものなのでしょうか。
カンタンに言ってしまえば、他人の資産を搾取する目的等で作られたものを指します。コインとしての実態がなく、騙し取る目的のために「仮想通貨」として発表されたコイン、ということになります。
これから伸びる「草コイン」「種コイン」と称して、仮想通貨ユーザーに大量に買わせ、そしてそのままコイン自体をなかったことにする……こんな詐欺コインが今急増しているのです。
大石哲之氏が提唱した「コインの田中基準」では、下記が詐欺コインの定義とされています。

  1. そもそも開発がされない(する意図がない)
  2. ビジネスモデルが永続性がない
  3. MLMによる販売またはその筋のひとの関与

※MLM(マルチレベルマーケティング)とは…
 連鎖販売取引。「特定商取引に関する法律」で厳しく規制されている販売方法。
 「ネットワークビジネス」と呼ばれることも。
※引用:http://doublehash.me/kusa-coin-shit-coin/

甘い言葉には絶対罠がある!!

仮想通貨詐欺に関しては、金融庁も仮想通貨ユーザーに呼びかけを行なっています。

特に2番目のリーフレットには一度目を通しておくべきでしょう。
仮想通貨詐欺の事例がこんな感じに記載されています。


最近ニュースでも取り上げられていますが、事例2のような「必ず価値が上がるので今のうちに購入しておいた方がいい」などと誘われ、数百万円も騙し取られた、なんて詐欺も多いようです。どこでどんな風に詐欺に合うかわかりません。甘い話とは距離を置くようにしましょう。「気をつけてるし、自分がだまされるわけがない」なんてあまく見ていると後悔するかも…!?(☍﹏⁰)。 しっかり自衛をして、情報を見極める力をつけましょう!

仮想通貨詐欺に引っかからないポイント

詐欺は回避したい…そのためのポイントとは?

怪しいポイントその1:セミナー勧誘がある

この辺りは典型的と言うべき点ですが…。
「●月●日に××にて仮想通貨説明会を実施します」と告知をし、仮想通貨を販売という手口があります。
上記の金融庁の呼びかけにもありますが、仮想通貨の売買は金融庁ウェブサイトにて好評されている登録業者以外は禁止されています
「これから上場する予定のコインだから」「ここだけでしか買えないから」なんて言われても信じないこと!それなら上場してから取引所か販売所で購入するのが得策です。

怪しいポイントその2:「利益が何倍にもなる」という甘い誘い

仮想通貨であるビットコインは確かに大きく上昇することがあります。
だからこそ、もたらす大きな利益を夢見て仮想通貨投資を始める人が多いわけです。
とはいえ、どの仮想通貨も同じように上昇するとは限りません。
仮想通貨はユーザーの取引によって価値が決められています。ビットコインは仮想通貨の代表格のコインです。まだ価値が未知数の草コインや種コインとイコールで結べるはずがないんです。
「この仮想通貨は必ず上がって儲かりますよ」なんて言われても、その保証はどこにもありません。何故そんなことが言えるのか、根拠はどこにあるのか、疑問を持つようにしてください。

怪しいポイントその3:1口の最低購入金額があまりにも高い

悪徳業者が利益を得るために、1口の購入金額を高めに設定しているのも定番の手口です。てっとり早く大金を騙し取ることができますからね!(#`皿´)
例えば1口が十万円以上の設定で、「この金額からじゃないと購入できない」と言ったらまず詐欺だと思っていいでしょう。1BTCの価格が高価なので、そこにつけこんで高めの値段設定を設けているそうです。
しかし1BTCは確かに高価でも、実際はそれ以下、100円からでも購入が可能です。大金を払わなければ購入できないコインなんてまずありえません。

怪しいポイントその4:代理店で仮想通貨を購入する

そもそも、仮想通貨売買に代理店って必要なのかっていう話なんですよね。
普通の販売代理店は、一言でいうと商品の製造元が自社の営業などの負担を減らすために、専門の業者に販売を委託するというものです。
仮想通貨には管理者がいません。ユーザー同士が利用することでその価値を証明しています。
コインの購入も、取引所や販売所で直接やり取りが可能です。
つまり仮想通貨の取引において、代理店の意味ってほとんどないと言ってもおかしくないんです
「金融庁推薦」なんて謳い文句で近づいてくる「代理店」は疑ってみるべきです。

怪しいポイントその5:やたら著名人の名前を出す

これは仮想通貨に限らずよくある詐欺ですね。
「あの●●が購入して数百万儲けた!」などと、誰もが知っているような有名人の名前を出して引っ掛けようとする詐欺も多くあります
著名人であれば、安心感もありますしね。
本当に●●さんが購入しているのか、名前が出た時点ですぐには信じずに疑いましょう。

怪しいポイントその6:買取・価格保証がある

「購入後、気に入らなければ買取しますよ」「下がらないように補填しますよ」こんなセリフを言われたら安心、なんて思ってしまうかもしれませんが、これはアウト。
前者は不安解消になるかもしれませんが、結局買取を引いた分は全部悪徳業者の懐に入っちゃうわけです。ちなみに後者は証券取引法違反になるので、フツーに犯罪!(☍﹏⁰)。

とりあえず地道に仮想通貨をはじめよう!

現在、仮想通貨の情報は検索すればありとあらゆるものが出てきます。
当然どれが正しいのか迷ってしまう時もあるでしょう。
不安ならまずは地道に仮想通貨に慣れること!
購入する際は取引所から、甘い声には耳をかさずに仮想通貨を購入するならビットコインから!
正しい知識を持って仮想通貨投資をこなしましょう!ヾ(*´ω`)ノ゙