ニュースいろいろ

やらかした!?大手取引所コインチェック580億円相当流出!

とうとう恐れていたことが起きてしまいました……

ハッキングにより580億円相当の仮想通貨流出事件!

そもそもコインチェックに一体何が起きたのか?

簡潔に言ってしまうと、「大手取引所の一つから、580億円相当のNEM(ネム)という仮想通貨が不正送金(ハッキング)により盗まれた」というもの。
2018年1月26日、5.23億XEM(日本円換算で約580億円)のNEMという仮想通貨の一種が、不審なメールアドレスに数回に分けて送られていることが発覚。
それに伴い、NEMの売買がストップすると、他の仮想通貨、なんと日本円までもが一時入出金が不可になり、コインチェックにNEMを含む仮想通貨を置いていたユーザーが一気に阿鼻叫喚へ。twitterのトレンドも「コインチェック」がキーワード1位になりました。
サバンナの八木さんもこの流出事件の被害者になったことを相方の高橋さんが明かしています。

26日中に、コインチェックは会見を開きました。
このニュースは瞬く間に広がり、仮想通貨の相場に大打撃を与えることに……。

失ったNEM(ネム)はどうなるの?補償は?

不正送金が発覚した当日、仮想通貨そのものが入出金不可の状態になり、コインチェックから取り出せないことに焦る人や、NEMを失い損害が出た人でネット上は大混乱となりました。
当然、ユーザーが気になるのは「失われたNEMは補償されるのか」という点。

コインチェックは「不正ログインに対して補償を行なう」というユーザーにとってメリットがありました。
ただ、これが今回の件に適用されるのか、微妙なところだったのも不安を煽った要因のひとつだったのかもしれません。


この「不正ログイン」はあくまでユーザーの口座が前提にありました。ただ今回の件は口座ではなく、あくまで「コインチェック」が持っていた、ユーザーが預けていた仮想通貨が盗まれた、というものです(これまでの記事でも書いてきましたが、取引所にはウォレットはありません。取引所は取引所でしかないのです)
そしてコインチェックの補償は1回の請求で最大100万円
そのため、今回の580億円分が補償されるのか否か、ネット上でもかなり議論がされました。

1月27日、コインチェックは被害に遭った26万人全員に「日本円」で返金することを表明しました。その額は約460億円。
あれ、全額じゃないんだ、と思った方もいるかもしれません。
580億円という数字は、不正送金のあった26日時点でのNEMの金額になります。この460億円は返金を表明した時点でのNEMの価値になるので、不正送金時の金額より変動しています。そのため、この金額になりました。
ただし、現時点ではまだ返金・取引再開の具体的な予定は明言されておらず、まだまだこのコインチェック騒動は続きそうです…。

コインチェックは倒産!?今後の予定は?

連日テレビやラジオで仮想通貨を聞かない日はない状態に…

コインチェックは会見後、27日に26万人への補償表明とともに金融庁に経緯と対策を報告しました。
金融庁からコインチェックへ業務改善命令が出て、3月31日までに金融庁の認可が得られない場合は業務停止の可能性も!!

<2/2 追記>
金融庁がコインチェックの報告をまたずに立ち入り検査に入ることになりました。

金融庁からセキュリティ面でかなり厳しいチェックが入るようです。
この結果が今後の仮想通貨に大きな影響を及ぼしていきそうですね…。