ニュースいろいろ

あなたももうなってるかも!?他人事ではない「仮想通貨病」

最近噂の「仮想通貨病」、あなたもなっているかも!?

最近twitter上で「仮想通貨病」なるものが話題になっています。
いったい「仮想通貨病」とはどんなものなのでしょうか?

「仮想通貨病」っていったい何?

以前、こんなツイートがされたのをご存知ですか?

こちらのマナさんのブログで、「仮想通貨病」と診断されるまでの流れが載っているのですが、こちらがとても他人事ではない内容なのです。
「ちょっと不調っぽいな~でもまあ休めばすぐに治るでしょ」と思っていたら全然治らず、実は自分が知らないうちにストレスを溜め込んでいた……これはきっかけさえあれば誰にでも起こりうることだと思います。
特に「仮想通貨ユーザー」にはその可能性が高いのではないかと思います!

「仮想通貨病」は仮想通貨に疲れた体のサイン?

症状を考えると、精神疾患のようなものだと思います。
仮想通貨を知り、実際に自分で取引を始めてみて、そこからチャートの結果に一喜一憂し、そして次第に減っていく心と体力…こうして書き出すとなにやら恐ろしいもののように感じますね…。
仮想通貨は常に変動します。大きなニュースが流れれば、それによって波はかなり揺らぐでしょう。24時間ずっと気を張ってチャートを見続ければ、心と体がどうなるかなんて考えなくてもわかります
結果、このマナさんのように、蕁麻疹や胃のムカムカが発症するわけです。
ここまでくるとかなり体が悲鳴を上げています。本来はそうなる前に自分の心と体をゆっくり休めてあげられたらベストなんですが…。

いくつあてはまる?仮想通貨病予備軍チェックシート

適度な息抜き、タバコやお酒は控えめに、睡眠をしっかりとることetc…
健康な過ごし方はいろいろ思いつくと思います。ただ、それを実行できるかという話で。
私なんかは、お休みの日も朝しっかり起きた方がいいとわかっていても、やっぱり休日なんだからいっぱい寝たいってついつい甘えちゃうんですよね~(☍﹏⁰)。
話が逸れてしまいましたが、「仮想通貨病」はすでに身近なものになっていること、適度に心と体を休めてあげないと後悔することになりますよ!ってことです。
ちなみに、マナさんのブログには仮想通貨病予備軍のチェックシートがありました。

  1. 1日5回以上仮想通貨相場の値動きをチェックしている
  2. 仮想通貨を買ってから1日の睡眠時間が1~3時間は減った
  3. 頭の中がいつも総資産の上下でいっぱいだ
  4. 頭の中がショート・ロングでよく揺れている
  5. 早くたくさん儲けたいという欲求が強くなっている
  6. 遊びに行く時間が減った、外に出る時間が減った
  7. 仮想通貨を買ってから運動不足になった
  8. 税金の心配をしている
  9. Blockfolioなどのポートフォリオアプリをスマホに入れている
  10. 家族との会話が減った
  11. 仮想通貨を買ってからたばこの本数が増えた
  12. 仮想通貨を買ってから胃が痛い、肩こり、めまいなど、
    過去に起こらない症状を感じるようになった

引用:医師から仮想通貨病と言われました「貯金1000万を仮想通貨に換えた男のブログ」

皆さんはいくつ当てはまりましたか?
仮想通貨にのめりこむのが危険とは言いません。けれどそれで体を壊しては元も子もありませんので、適度に楽しむのが一番良いと思います。
「何か疲れたな~」と感じたら、いったんチャートから離れてリフレッシュしてみては?