ニュースいろいろ

G20閉幕!決定事項と今後の影響は?

19・20日に行なわれたG20も無事閉会しましたね

G20については、先日もブログにて書きましたが、今回は会議にて話し合われた仮想通貨についてまとめたいと思います(*゚Д゚)
先日の記事はこちら。

あわせて読みたい
仮想通貨の追加規制なし!?G20会議の大きな動き! 国際的な仮想通貨の規制。それが話し合われるG20が3月19・20日に行なわれるということで、仮想通貨業界も大分揺れておりました。...

仮想通貨はまだ「通貨」とは呼べない?

先日の記事で、G20は仮想通貨に対して追加規制はしないと発表しました。
その理由としては、「仮想通貨は現段階では小規模の市場であり、世界的金融の安全性を脅かすものではない」というもの。
また、現時点では仮想通貨は「通貨」としての役割と果たしていない、と判断されたようです。
これについて、G20会議に参加した金融安定理事会の会長であるKlaas Knot氏が、「通貨としての役割である「価値の尺度、交換手段、価値貯蔵手段」を仮想通貨は果たせていない」との理由を挙げました。
まだまだ仮想通貨は「通貨」として足りない、ってことですねδ(・ω・`)

そのため、G20では「仮想通貨」という呼び方ではなく「暗号資産」という呼び方にしたようです。なんか物騒な名前になりましたね…。
そしてこの「暗号資産」は国際機関による監視の必要性がある、というのも議題に。

結局規制は次回7月開催へ持ち越し?

じゃあ仮想通貨の規制についてはこのまま?っていうわけでもなく(●´・Д・)
今回、G20では仮想通貨交換業者への免許・登録制の導入や本人確認の徹底などの規制導入で一致となりました。この規制は今回の参加国以外にも同じように規制を求める方針とのこと。
コインチェックの不正送金の被害額は大きかったし、ほとんど資金洗浄済という話ですから、マネーロンダリングは仮想通貨業界の大きな課題の一つとなっております…。
ユーザーの「暗号資産」のセキュリティをあげて、安全に利用できるように、とG20は考えている模様。いろいろ意見は飛び交ったようですが、仮想通貨が「今後の金融業界の発展を支える技術の1つである」というのは多くの国でも賛同のようです。

が、今回のG20では「具体的な政策よりも監視重視」という判断がされたので、マネーロンダリング以外の規制については特に何も決まらず。
次回行なわれる7月までに、各国でまとめた規制勧告案を準備し、またその時に改めて話し合われることに。
ただし「ウチの国では仮想通貨にこれ以上規制しないぞー!」「これ以上被害が増えても嫌なのでいろいろ独自に規制するぞー!」と国ごとに意見が今の段階で分かれています。
仮想通貨は管理者がいない通貨なので、ここでもメリット・デメリットが浮き彫りになりますね(゚v゚;ノ)ノ

7月までまだ市場は揺れそう?

今回のG20前まで、仮想通貨の規制が議題になることはわかっていたので、市場はかなり下落してました。めちゃくちゃ揺れてましたね(゚v゚;ノ)ノ
追加規制はなし、の決定で一気に高騰しましたが、規制に関して7月にまた話し合われることになったので、「規制」のキーワードでまだまだ市場の揺れは続きそうです…。
7月の前に、様々な国が仮想通貨について動きを見せそうなので、今後のニュースには目を配らなければ…!!。゚(゚´Д`゚)゚。