取引所

GMOコイン販売所のメリット・デメリットまとめ!

この記事では販売所:GMOコインのメリット・デメリットをまとめています!
「GMOコインって正直どうなの?」と気になっている方、よかったら参考にしてみてくださいね(シ_ _)シ

GMOコインの会社概要まとめ

運営会社 GMOコイン株式会社
設立 2016年10月
資本金 17.58億円(準備金含む)
本社所在地 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
代表取締役 石村 富隆

GMOコイン株式会社は金融庁が認可した、仮想通貨交換業者16社のうちの1社です。
「仮想通貨交換業者」には厳密な会計やセキュリティ、顧客資産の厳格な分別管理が義務付けられているため、ユーザーが安心して利用できるところがポイント!

GMOコインの株主はGMOインターネットグループ。ガッキーの広告でおなじみのGMOクリック証券はFX年間取引高世界1位!
なのでサーバー運用に長けている=サーバーが落ちにくいのが特徴。取引の最中に落ちたりしたら災難ですもんね… (・∀・)(先日とあるゲームのグッズ買おうとしたら内容確認画面で落ちて哀しみにくれたばかり)(あとその先表示されるだけで終わったのにいいい)

あわせて読みたい
半年で黒字1億円!?急成長を遂げた「GMOコイン」「やっぱり仮想通貨って強いな…!」と思い知ったこんなニュースをご紹介( ̄▼ ̄*) 事業開始からわずか半年で黒字1億円! 仮想通貨取引...

GMOコインがみんなに好かれるその理由とは!?

メリットその1:即時入金、出金が無料!

ユーザーの「購入したい!」という瞬間を逃さないために…とのことで、GMOコインは即時入金の手数料を自社負担としています。
日本円の出金やビットコインの引き出しの手数料も同様にユーザーには発生しません!すごい!(*゚Д゚)
手数料をできる限りおさえたい、という方にオススメ。

メリットその2:提示された価格で購入できる安心感

勘違いしている人も多いのですが、実はGMOコインは取引所ではなく販売所になります。取引所としての機能がないのです。
なので、仮想通貨を購入する際はGMOコインが提示した金額で購入します。取引所で現物購入をする際の【不利な価格で売買が成立してしまう】ということは起きません。

メリットその3:ビットコインFXトレードならココ!

GMOコインには「ビットレくん」というスマホアプリがあります。
これを使えばスマホからでもビットコインFXトレードができますよ~ってアプリなんですが、全9種類のテクニカル指標が利用できて、本格的なビットコインFXトレードができちゃうんです(*´~`)
使い勝手もいいので、この機会にFXトレードに慣れておきたい、なんて方にもオススメできちゃうアプリです♪まずは少額からFXトレード、いかがでしょうか (・∀・)

メリットその4:最短で翌日から取引可能に!

GMOコインは口座申込当日~1営業日以内に審査、審査完了の翌営業日には書類発送という流れになります。そのため、最短で申込翌営業日から取引が可能!
もちろん、審査・書類到着に時間がかかる可能性もあります。絶対という確約はできませんが、早く取引したいんじゃー!!という方にはピッタリかもしれません。

GMOコインにデメリットはあるの?

デメリットその1:現物取引は販売所形式しかない

販売所あるあるになってしまうのですが…。
販売所形式だと、どうしても割高になってしまいます。安く現物売買(通常の仮想通貨売買)を済ませたいという人にはちょっと向いていないかもしれません。

デメリットその2:相場が荒れている時は要注意!!

デメリットその1にプラス、というかたちになりますが。
もう1点気をつけて欲しいのは、相場が激しく上げしている時の、スプレッド手数料。買い取引と売り取引の差額のことですね。
これが全然馬鹿にできなくて、荒れているときはこのスプレッドが数千円や数万円になることもあります(ひえ……)
せっかくの利益もこの高いスプレッドによって損をしてしまうことがあるので気をつけましょう!

GMOコインのまとめ

いかがだったでしょうか?
扱いやすいアプリに、レバレッジも一律5倍。まずは慣れるために少額で数をこなしたいというFXトレード初心者さんにオススメの販売所です。早ければ翌日から取引が可能になりますし、この機会に試してみたいと思った方はぜひ!(シ_ _)シ