ニュースいろいろ

SBIが今夏にも取引所スタート?業界ナンバーワンに自信あり!

このニュースを今か今かと待っていたユーザーも多いのでは??

SBIホールディングスが開催した2018年3月期決算説明会にて、「SBIバーチャル・カーレンシーズ」の開始時期について明らかにする場面がありましたヾ(*´ω`)ノ゙今回はその特徴や開始時期などをまとめていこうと思います!これから仮想通貨激熱じゃないですかやったねーーーーー!!!(*゚Д゚)

「SBIバーチャル・カーレンシーズ」の開始予定は早くて夏から!

代表取締役の北尾氏は、「SBIバーチャル・カーレンシーズ」の取引所運営スタート時期を「早ければ夏からを予定している」と明らかにしました。
また、「サービスが開始となれば私たちが業界ナンバーワンになる」とも述べました。
これが何の根拠もなく言ってたら「おいおい」って感じですが、SBIの金融関連グループ企業…これが全部で850万口座!(゚v゚;ノ)ノ
この数の顧客流入を見込めるというのだから、この北尾氏の自信に溢れた発言もうなづけます。
「登録にユーザーが殺到しても耐えられるようなシステムと、安全制を徹底的にしないといけない」とその準備ももちろん進めているようです。

「SBIバーチャル・カーレンシーズ」取引所の特徴は?

北尾氏はこの場で、取引所の構想の一部を明らかにしました。

  • 取扱い通貨に関して
    ビットコイン(BTC)、ビットコイン・キャッシュ(BCH)、
    イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)
  • スプレッドを業界最小に
    通貨を買う・売る際の価格差(取引所への手数料)を業界最小に設定
    ユーザーへの負担を軽減する

ちなみに北尾氏が一番力を入れたいのはビットコインキャッシュなんだとか。
「ビットコインはマイニングされ尽くして、決済通貨としてもしんどいし値段も高すぎている」という理由から、ビットコインキャッシュを決済通貨として、リップルを送金通貨として推しているそうです (・∀・)ビットコインってもう上限の80%以上マイニングされてるので、これからはアルトコインが大きな動きを見せるってことなんでしょう。このビッグウェーブに乗り遅れないようにしないといけませんね!(*´~`)

「早ければ夏」と明言されたのは結構大きいのでは

当初、「SBIバーチャル・カーレンシーズ」の取引所運営開始はもっと早い予定でした。
それが2018年に入ってから、あのコインチェック不正流出事件や金融庁の監視強化など、仮想通貨業界の変化などもあって、「SBIバーチャル・カーレンシーズ」を含む仮想通貨業界へ参入予定だった企業が次々に慎重に検討する、という姿勢をとりました。
本当に、ものすごい低迷期に突入しましたもんね…。

余談ですが、私が仮想通貨を仕事の合間に勉強し始めたのは10月。
このブログを作ったのが1月頃で、ようやく仮想通貨についてもわかってきたかな?これで大丈夫かな?あってんのかな?と探り探りやっていたところに仮想通貨大暴落だったので、このまま(社長のお金とはいえ)仮想通貨続けても大丈夫なんだろうか、と思っていた時期もありました。今は多少の上げ下げくらいではびくともしない(気がする)心臓を手に入れましたやったね! (・∀・)

それが現在、仮想通貨業界は回復傾向にあります。
検討中だった企業も、次々に参入予定を発表。これは企業側の準備が整ったというのもあるでしょうが、「仮想通貨業界はまだまだ慎重になる必要があるけれど、一応の危機は脱した」と各企業が判断しているからではないでしょうか。
これからますます盛り上がりを見せていくわけで…ワクワクが止まりませんね!ヾ(‘∀’o)ノ

【6/4追記】サービスがいよいよ開始!

本日6/4より、SBIバーチャルカレンシーズがサービス開始となりました。
今後どう展開していくか、目が離せません!!

あわせて読みたい
SBIバーチャルカレンシーズがサービス開始!現時点での内容は?本日、とうとうSBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)がサービス開始になったとあって、仮想通貨業界がかなりにぎわっております!!ヾ(*...