ニュースいろいろ

世界のオタクのコミュニティー仮想通貨「オタクコイン」とは?

とんでもなくおもしろい仮想通貨ができるみたいですね!

「オタクコイン」なるものができるらしい、と小耳に挟みました (・∀・)
何を隠そう、まあ私もオタクです (・∀・)ニコニコ動画のプレミアム会員●年目の人間です (・∀・)友人たちには「プレミアム会員なんてなってどうするの?」と言われましたが、別にどうもしません (・∀・)延々動画を楽しく見ているだけですが、私はとてもしあわせです (・∀・)

話ずれちゃいましたが、「オタクコイン」とはいったいどんな仮想通貨なのか、何ができるのか、いつから発行されるのか…など、気になった疑問をまとめてみました!

「オタクコイン」発行は何が狙いなのか?

「オタクコイン」は【オタクコイン準備委員会】というところが進めているようですね。
中心になって動いているのは、アニメ・漫画関連商品を販売している「トーキョー・オタク・モード」という企業だそう。
(ちなみに参画アドバイザーにキズナアイの名前を発見!!)
曰く、「日本のポップカルチャー新興」を目的として「オタクコイン」を発行するのだとか。公式サイトもあり、ここからコンセプトペーパーがダウンロード可能です。
公式サイトはコチラから。

サイトも動画もかわいい!!
ちなみにこの仮想通貨、タダの仮想通貨ではなさそうです (・∀・)

「コミュニティー通貨」としての役割

オタクコインは、アニメ・漫画・ゲームなどのカルチャーを対象にした「コミュニティ通貨」であり、ファンの意思をダイレクトに反映する「投票権」を持った新しい試みの通貨です。ファンが使いたくなる仮想通貨を創出することで、コミュニティを発展・活性化させ、世界中へ広げていくことを目指しています。

引用:オタクコイン コンセプトペーパー

オタクコインの保有者に「投票権」を付与して、ファンの投票で決まったアニメ・ゲームなどの制作プロジェクトに資金支援ができる、それが「オタクコイン」の仕組み。
オタクが生み出す経済効果、すごいですからね…コミケに毎年何万人きてるんだって話ですし……開催中、駅のATMには長蛇の列ができ、噂では空になったこともあるとかなんとか…(定かではないですが、列がえげつないのは事実)

「オタクコイン」は無償配布!?

2018年夏から秋にかけて、発行される予定のオタクコイン。
通常ならICOで資金調達を行なうのが普通のはずですが、なんと無償配布すると言うから驚き!!(゚v゚;ノ)ノ
配布方法としては、まずイーサリアムのブロックチェーン上のトークン規格「ERC20」のトークンとして、総数1000億枚のオタクコインを発行。
そしてその一部を「AirDrop」や「Bounty Program」方式で、オタクコイン専用のウォレットアプリユーザーへ配布する流れになるようです。
コインの流通がうまくいけば、取引所での取り扱いや日本円と交換もできるようになるのでは?という見方がされていますが、はたして。

ネットのでの評判は……

正直、めちゃくちゃ賛否両論ですねwwww
これでもしICOをやっていたら炎上どころじゃなかった気がしますが…。
「仮想通貨」ではありますが、私はクリエイターが評価される一つのきっかけになるならいいんじゃないかなとか思ったりします。いいアニメ、いい漫画がある一方で、クリエイターの心身すり減らしてる雰囲気が、年々増しているような気がします…。漫画村の事件でも、クリエイター視点の話はよく出てましたが、消費者側にはあんまりそういう面って見えないんですよね。

何はともあれ、面白いプロジェクトではあると思うので、うまくいってほしいですねヾ(*´ω`)ノ゙