ニュースいろいろ

米国最大手の仮想通貨取引所:コインベースが日本進出へ!

本日よりとうとう関東梅雨入りしましたねーーー!(シ_ _)シ
さっそくじめじめとした空気となっておりますが、現在の仮想通貨市場はこんな感じ。
いい感じにあがってきてますね!\(▽ ̄\( ̄▽ ̄)/ ̄▽)/ヤッタァー!!
この調子でもっと上がって欲しいところですが…。

さて、日本の仮想通貨市場にまた大きな動きがありました。
アメリカの大手仮想通貨取引所である「コインベース」が、なんと日本に進出する日本経済新聞で報じられました!
今回はコインベースの動きやどんな影響があるのかなどをまとめていきます!ヾ(*゚▽゚)ノ

コインベースってどんな取引所?最大手ってホント?

まずはコインベースのお話から((((o゚▽゚)o)))
コインベースのすごいところをまとめてみました!

コインベースのココがすごい!
  1. 企業価値が10億ドル超え(日本円で約1100億円)ユニコーン企業
  2. ビットライセンス(ニューヨーク州版仮想通貨交換業免許)取得
  3. 顧客数は口座開設・ウォレットサービスと合わせて2000万人
  4. ハッキングを受けた場合は全額保証

セキュリティに特化した仮想通貨取引所として知られています。
全社員のうち、5%がセキュリティー専門のエンジニアなんだそうです!日本で今一番重要なポイントとしてはやっぱりこの「セキュリティー面」なので、このあたりは問題なさそうですね!
ちなみに、日本法人の社長には資産運用サービス「お金のデザイン」の最高執行責任者(COO)である北澤直氏が就任する予定になっていますヽ(´▽`)/
しかもしかも、三菱UFJフィナンシャルグループも(MUFG)出資し、提携して日本進出をサポートしていくと発表がありました。

日本ではどんな取引所になるの?

https://twitter.com/coinbase/status/1003674706711474176

現時点で確認がとれているポイントは以下のとおり。

  • 「取引所」と「販売所」2種のサービス提供
  • ビットコイン・イーサリアムなど主要通貨取り扱い

年内に金融庁へ申請をかける予定とのこと。
ここで引っかかってくるのは、最近の金融庁認可へのハードルの高さですが、コインベース側は「逆にセキュリティーや投資家保護が強みになると判断し参入を決めた」とコメント。
確かにアメリカ最大手のセキュリティーが日本でも取り入れられればかなり強いかも?

仮想通貨ユーザーの間では、三菱UFJフィナンシャルグループが提携ということでリップル(XRP)を扱うんじゃないか、と言われています。
(たぶん期待もあるんでしょうけど、多分リップルもくるんだろうな…)

他の取引所にはショックなニュース?

コインベースが日本に進出した場合、セキュリティー面や手数料の安さで多くのユーザーを獲得するだろうと言われています。
その場合、今ある日本の仮想通貨取引所は太刀打ちができるのか?なんて話も出ちゃってますL(゚□゚)」
でも、用途に合わせて取引所を変えられるのは便利だし、選択肢も広がるので、一日も早い取引所設立を希望!!ヾ(*゚▽゚)ノ
コインチェックも今月全面再開予定ですしね!

あわせて読みたい
【朗報!】コインチェックが6月中に全面再開予定!マネックスグループの松本社長が、毎日新聞のインタビューに応じ、コインチェックの今後の動きについて表明しました。 来月の6月中には再開予...