ニュースいろいろ

大手銀行が【xRapid】を年内導入!?リップル社CEOが採用に自信

先月、日本でもリップルの技術が日本の銀行を通して国際送金の仕組み作りに乗り出した、というまとめを書きました。

あわせて読みたい
【日本の銀行最大手が始動】国際送金が仮想通貨のリップル技術応用で数分に!!仮想通貨の技術がいろんなところに使われ始めてはおりますが、米リップル社の技術で、すごいことが起こりそうな予感…! というわけで、本日は...

そして今回は、現在twitterでも盛り上がってますが、リップル社CEOのブラッド・ガーリングハウス氏の発言でかなり話題になってます((((o゚▽゚)o)))

「年内に大手銀行が【xRapid】採用するだろう」

まず発言についてからまとめましょうかヾ(*゚▽゚)ノ
CNBCのインタビューにて、リップル社CEOのブラッド・ガーリングハウス氏が仮想通貨【XRPを使用したxRapidの正式版を近日リリース予定】と発表しました。

「xRapid」とは、リップル社のRippleNetの柱となるシステムのひとつ。
金融機関の中でも、特に送金業者向けのソリューション(解決法)……って言われてもわかんないですよね(少なくとも私はわからん( ̄ヘ ̄;))
めっちゃ簡単に言うと、リップルの仮想通貨「XRP」を使って、最速かつ手数料を安い取引を実現させるというもの。
金融機関同士の法定通貨の国際送金を円滑にしよう!という目的の元、開発されたシステムです。
以前にザックリとリップルについてまとめた記事があるので、併せて参考までにどうぞヽ(´▽`)/

あわせて読みたい
【3分でわかる】リップル(XRP)とはどんな仮想通貨? うちの社長も大好き「リップル(XRP)」ですが、これってそもそもどういう仮想通貨なの?他の仮想通貨とどう違うの?みんなはこれから...

「xRapid」プラットフォームのパイロット事業に参加した金融機関が、「取引コストが40~70%削減できた」との結果報告だったので、かなり期待が寄せられていました。
国際送金にかかる時間も、約2~3日かかっていたのが約2分にまで短縮されたんだとか!

その「xRapid」が正式リリース、というだけでも大きな話題なのに、試験結果に手ごたえを感じたのかブラッド氏は「2018年中に、大手銀行が「xRapid」を採用するだろう」と大きな自信を示しました。
そしてそして、「2019年には、より多くの銀行・金融機関が「xRapid」を利用する」とも予想したのですρ(゚δ゚ *)

これからXRPは爆発するのでは?

https://twitter.com/BK_Black_white/status/1003964276275417088

大手銀行が「xRapid」を採用し、送金の課題がクリアできれば、他の金融機関も黙ってはいないでしょう。こぞって「xRapid」を使うはずです。ブラッド氏の予想通りに。
そうなれば「xRapid」に使われる仮想通貨XRPがどうなるかなんて、簡単に想像がつきますよね!?ヾ(*゚▽゚)ノ

爆発の準備を着々とすすめているとしか思えないリップル(XRP)。
買うとしたら今しかない!?L(゚□゚)」
ちなみにビットバンクがリップル(XRP)の取引量世界1位ですね!

今月末まで全ペア取引手数料ゼロキャンペーン中なので、口座開設まだの方はこの機会にしておくのもいいかもしれません!

あわせて読みたい
bitbank(ビットバンク)取引所のメリット・デメリットまとめ!この記事では取引所:bitbank(ビットバンク)のメリット・デメリットをまとめています! 「bitbankって正直どうなの?」と気に...